本文へ移動
北王流通の食品3PLで 
関東圏の食品物流のお悩みを丸ごと解決!
北王流通の食品3PLサービスでは、食材の受発注から在庫管理、店舗への輸配送に至るまで、食品物流の全フローを一括してアウトソーシングいただけます。外食チェーン・食品商社(食品卸)・食品スーパー・社員食堂・食品ECサイト事業者などの運営会社様で、食品物流を改善したい方はぜひお気軽にご相談ください。
 対応エリア
東京都をはじめとした関東圏・山梨県・静岡県・長野県の1都9県
こんなお悩み・ご要望はありませんか?
食品・食材の物流コストが高くて困っている
現在委託している物流業者・倉庫業者の対応が悪く、在庫差異や欠品が多い…
 ドライバーや倉庫管理スタッフが集まらず、人手不足に陥っている…
倉庫での在庫管理や食材の配送を複数の業者にお願いしているので、管理や事務作業が面倒…
現在委託している物流業者・倉庫業者の対応が悪く、在庫差異や欠品が多い…
アナログの手作業で受発注や在庫管理をしているので、出荷間違いなどのミスが多く手間もかかっている…
自社で物流センターやトラック・人員・物流管理システムを用意するのは、コストがかかりすぎる…
関東圏でチェーン店を増やしたいが、近くに食材の物流拠点がない…
ドライバーや倉庫管理スタッフが集まらず、人手不足に陥っている…
発注から納品までのリードタイムが長いため、店舗側で過剰在庫を抱えざるをえない…
運営・管理が大変な物流部門をプロに任せて、よりコアな業務(本業)に時間と労力を集中させたい
北王流通の食品3PLサービスなら、
みなさまの食品物流の課題を解決できます!
3PLとは?
3PLとはサード・パーティ・ロジスティクスの略で、倉庫での在庫管理や輸送など特定の業務だけでなく、食品の受発注~入庫~在庫管理~ピッキング~出庫~配送などの物流業務を一括してアウトソーシング(外注)できるサービスのことです。北王流通の3PLサービスをご導入いただくことで、お客様の食品物流を効率的に改善できます。

北王流通 食品3PL フロー図
メリット
01
食品倉庫やトラック・人員・物流管理システムに莫大なコストをかけて自前で用意する必要がない。
物流網を自社でゼロから構築すると多額のコストが発生してしまいます。
とくに厳密な鮮度管理・賞味期限管理が求められる食品物流では、費用も極めて高額になりますので数千万円~数億円単位の初期投資が必要です。

北王流通の食品3PLサービスでは、常温・冷蔵(チルド)・冷凍(フローズン)の三温度帯管理の食品倉庫や輸送トラック、練度の高いドライバーや倉庫管理スタッフ、最新鋭の物流管理システムなどを弊社側で取りそろえます。

外食チェーン店様や食品商社(卸売)様だけでなく、食品ECサイトの事業者様で、商品の在庫管理や配送をアウトソーシングしたいという方も、お気軽にご相談ください。

食品3PL トラック・ドライバー
食品3PL 常温・冷蔵(チルド)・冷凍(フローズン)の三温度帯管理の食品倉庫
メリット
02
低リスクで、物流センターの新規開設や関東圏へのチェーン店進出が可能。
低コスト・低リスクで自社の食品物流網を構築できるので、今後の経営戦略の自由度や積極性も大幅に増加します。
「新しい物流センターがほしい」という場合にも柔軟に対応できますし、「関東圏にチェーン店を新規出店したい」「東京だけでなく神奈川・埼玉・千葉にも店舗を増やしたい」などの出店計画も実現しやすくなります。
低リスクで、物流センターの新規開設や関東圏へのチェーン店進出が可能。
メリット
03
食品物流のプロの効率的な配送網を利用して、物流コスト削減!
既存の物流センターやトラックの配送網を自社で維持・管理するだけでも、決して安くないランニングコストを支払いつづける必要があります。

自社便の場合、シーズンの移り変わりや新型コロナウイルスなどの影響で、食材の需要が低下して積載率が大幅に下がった際にも、ドライバーの人件費やガソリン代がかかるため、コストは割髙となります。
チャーター便(車建て)で食材配送を外注していても、積載率低下による配送単価の上昇はリスクとして残ります。

北王流通の食品3PLサービスでは、関東圏に緻密に張りめぐらされた弊社の共同配送網を活用することで、配送コストを節約できます。

また、出荷量に応じた価格設定になりますので、
物流コストが固定費から変動費となり、利益の圧迫を抑制します。
食品物流のプロの効率的な配送網を利用して、大幅な物流コスト削減!
メリット
04
物流業務を一括して任せられるので、管理が楽になり事務作業も少なくなる!
北王流通の食品3PLサービスでは、食材の受発注・検品から賞味期限の登録、在庫管理、店別のピッキングや伝票発行、店舗への配送までワンストップで弊社が承ります。

そのため、複数の物流業者を管理して連携させる作業は不要ですし、事務作業も大幅に削減されます。
余った時間や労力をよりコアな業務に集中させることで、会社全体の生産性も向上します。


食品物流のSCM(サプライ・チェーン・マネジメント)を実現したい方は、ぜひ北王流通までご相談ください。
北王流通の食品3PLサービスの強み
ポイント
01
東京都・関東をはじめ、山梨県・静岡県・長野県を加えた1都9県を網羅する共同配送ネットワーク!
東京都・関東をはじめ、山梨県・静岡県・長野県を加えた 1都9県を網羅する共同配送ネットワーク!
北王流通は関東内に6つの食品物流センターを運営しており、常温・冷蔵・冷凍の3温度帯管理のトラックも140輛以上を自社で保有しております。

弊社の共同配送ネットワークは東京都をはじめ、神奈川県・埼玉県・千葉県・群馬県・栃木県・茨城県の関東圏に加えて、山梨県・静岡県・長野県の1都9県にまで及びます。
そのため広範囲で安価な食材輸送・配送が可能です。

「関東圏への出店をもっと拡大したい」「関東の店舗への食材配送コストをもっと節約したい」などのご要望があれば、まずは北王流通までご相談ください。
ポイント
02
合計8,000坪超の3温度帯管理の食品物流センターを完備しているので、食品倉庫不足や食品の大量購入にも対応可能。
関東各所に設けられた北王流通の物流センターは合計8,000坪を超え、24時間365日休むことなく最適な温度を維持して食品の鮮度を保ちます。

また、独自のWMS(物流倉庫管理システム)で受発注、先入先出管理、ロット管理、賞味期限管理を精密に実行し、在庫差異の発生や誤出荷を防止します。

豊富なキャパシティを誇りますので、「食品を大量仕入れして冷凍保管したい」といったご要望にも対応可能です。
「自社のコールドチェーンを整備したい」というお客様のご相談もお待ちしております。

24時間365日対応の食品物流センター
合計8,000坪超の3温度帯管理の食品倉庫・食品物流センター
ポイント
03
共同配送ネットワークの活用した小ロット多頻度納品で、過剰在庫を防止し常にフレッシュな食材を仕入れられる!
北王流通では関東圏に緻密な共同配送ネットワークを構築しています。

そのため、「店舗の冷蔵庫・冷凍庫が大きくないし、過剰在庫のリスクを減らしたいから少しずつ納品してほしい」「鮮度を保つため、一度に大量の食材を仕入れるのは避けたい」といったお客様のご要望を叶える、小ロット多頻度納品を実現可能です。

配送頻度を細かに設定ができますので、各店舗の食材需要にベストマッチした納品頻度を提案します。

小ロット多頻度納品で、過剰在庫を防止し常にフレッシュな食材を仕入れられる
ポイント
04
常温・冷蔵・冷凍の食品を一括納品するので荷受けが楽に!

北王流通では3温度帯管理のトラックを大量に配備していますので、常温・冷蔵・冷凍の食品を一括して配送いたします。
そのため1日に何度も検品・格納などの荷受け作業をする必要がなくなり、業務が効率化されます。

また、複数店舗へ同じ時間帯に配送できますので、忙しい時間帯に荷受け作業に手を取られる時間が減少します。
常温・冷蔵・冷凍の食品を一括納品するので荷受けが楽に! 複数店舗へ同じ時間帯に配送することも可能!
ポイント
05
発注から納品までのリードタイムが短いので、食材を使うぶんだけ発注でき無駄な在庫が減少!
北王流通の物流センターは24時間365日即応できる体制で運営されていますので、注文をスピーディに受注し、店舗ごとの食材ピッキング作業を開始します。

納品までのリードタイムが短いので、品切れを恐れて店舗で過剰に在庫を抱える必要がなくなり、確実に使う分量のみを発注いただけます。
これにより食品ロスを減少させ、コストダウンが可能です。
発注から納品までのリードタイムが短いので、 食材を使うぶんだけ発注でき無駄な在庫が減少
ポイント
06
店舗スタッフ様がいない無人の夜間・早朝にも配送!
冷蔵庫・冷凍庫への食材格納まで弊社スタッフが実施します!
北王流通では店舗にスタッフ様がいない夜間や早朝にも食材を安全・迅速にお届けいたします。
各店舗の鍵はトラブルを未然に防ぐように、IT技術を活用した鍵管理システムで管理いたしますのでご安心ください。


また、冷蔵庫・冷凍庫へ弊社スタッフが丁寧に食材を格納しますので、「各店舗の業務負担が軽減された!」とお喜びいただいているお客様も非常に多いです。
ポイント
07
都心の駅ビル・百貨店・高層ビル内の店舗への食材配送も得意です!

都心部は道路が狭いうえに、駅ビル・百貨店・高層ビルの地下駐車場や搬入口には車両の高さ制限が設けられているほか、
納品時間の制限や駐車禁止取締りも都心部への配送のネックになっています。

北王流通は、新宿・上野など環状線付近のエリアにデポを開設しており、都心部への食材配送も得意です。

高さ制限を受けない軽車両中心の、小回りの利く配送スタイルで日々確実に食材をお届けし、駅ビル・百貨店・高層ビルにテナントで入っている多くの店舗様にお喜びいただいています。

新宿などの都心店舗への食材配送も可能
上野などの都心店舗への食材配送も可能
食品3PL ご相談から運用までの流れ
訪問・お電話・オンラインでの無料相談
Step.1
訪問・お電話・オンラインでの無料相談
北王流通では訪問・お電話・オンラインで、食品物流改善の無料相談を受け付けております。
現在のお客様のお悩み・課題・要望を丁寧にヒアリングしたのち、その解決策として弊社サービスをご紹介します。
まずは以下の電話番号・メールフォームからお気軽にご連絡ください。
無料相談・お見積もり依頼
物流データ分析・お客様の物流環境見学・物流改善第1案を提示
Step.2
物流データ分析物流改善第1案を提示
弊社のサービスにご興味を持っていただけましたら、より詳しい調査・分析を実施します。
お客様から物流に関するデータをご提供いただいて分析を進め、物流改善の第1案を作成し、提出いたします
詳細な調査・物流改善基本案提示
Step.3
詳細な調査・物流改善基本案提示
物流改善第1案にご納得いただけましたら、より精密な基本案を作成するため物流センターの現場調査やヒアリング作業を実施します。
その後、お客様の食品物流に関するお悩み・ご要望を解決する基本プランとなる「物流改善基本案」を提出いたします。
基本合意・業務設計・システム構築・細部打ち合わせ
Step.4
基本合意・業務設計・システム構築・細部打ち合わせ
弊社が提出した「物流改善基本案」にご納得いただけましたら基本合意を交わし、物流改善の内容を具体的にまとめていきます。
受発注~入庫~在庫管理~ピッキング~配送などの物流フロー業務設計ほか、WMS(物流倉庫管理システム)を活かした、リアルタイムでの情報共有方法や、その他の細かい改善ポイントを詰めていきます。
本契約・運用開始
Step.5
本契約・運用開始
以上が終了し、貴社内での決裁等もすべて完了しましたら本契約となります。
その後、各種準備が整い次第、改善後の物流システムをいよいよ運用開始します。
改善提案
Step.6
改善提案
改善後の物流ネットワークの運用開始後は定期ミーティングを実施し、実際に業務を進めていくなかで見えてきた改善ポイントを洗い出し、解決していきます。
北王流通では常にPDCAを回転させ、貴社のSCM(サプライチェーンマネジメント)の最適化に貢献します。
食品物流のアウトソーシングや改善、コスト削減をお求めの方は、
北王流通までご相談ください!
食品物流のアウトソーシングや改善、コスト削減をお求めの方は、 北王流通までご相談ください!
北王流通では食品の受発注から入庫作業、常温・冷蔵・冷凍の3温度帯での在庫管理、店舗ごとのピッキング、トラックによる輸配送と、店舗の冷蔵庫・冷凍庫の食品の格納に至るまで、食品物流の全フローを丸ごとお任せいただけます。

関東圏の外食チェーン・食品スーパー・食品商社(食品卸)・社員食堂などの運営会社様で「食材の物流管理が大変だから、外注したい…」「現在の食品物流のコストを削減したい」という方は、以下の電話番号・メールフォームからお気軽にご相談ください。
みなさまからのご連絡をお待ちしております。
平日 9:00~18:00
資料請求
無料相談・お見積もり依頼
TOPへ戻る