本文へ移動

食品物流

食品物流|北王流通株式会社|東京・関東圏の食品物流配送
東京・関東圏で信頼できる食品物流会社をお探しであれば、私たち北王流通にお任せください!
 
関東圏に6つの食品物流センターと共同配送網を備えているので、常温・冷蔵(チルド)・冷凍の3温度帯の在庫管理、入出庫対応やピッキング、店舗への輸配送まで一括してアウトソーシングいただけます。
 
大手外食チェーン店様や大手食品商社(食品卸)様をはじめ、私たちが1日に食材をお届けしている店舗様は約3,000件以上にのぼります。
 
また、食品系ECサイトの物流代行・発送代行日本全国で対応可能なので、関東圏以外の企業様からのお問い合わせもお待ちしております。
 
【弊社の食品物流サービスで対応可能なお客様の業種例】
外食チェーン、食品メーカー、食品商社(食品卸)、食品スーパー、社員食堂や介護施設・病院食堂の運営会社、食品系ECサイト・ネットショップ・通信販売事業者・大型商業施設・外食チェーン…など
 
訪問・お電話・オンラインなどでご相談を承っておりますので、食品物流でお悩み・課題・ご要望をお持ちの方は、まずはお気軽にご連絡ください。

こんなお悩み・ご要望はありませんか?

  • 食品の物流コスト・保管コストを節約したい…
  • 食材の需要・出荷量が減っているのに自社便・チャーター便なので、配送コストを削減できない…
  • ドライバーや倉庫スタッフの人手不足が激しく、自社の食品物流網を維持・拡大するのが困難になっている…
  • 東京都心の駅ビル・百貨店や狭い道路に面した店舗など、大型の車両では配送が難しい箇所への食品物流をアウトソーシングしたい…
  • 異なるメーカーの商品の詰め合わせ(アソート)、バラピッキングに対応してほしい…
  • 店舗に食品が届くまでのリードタイムが長いので、過剰在庫や欠品が問題になっている…
  • 店舗にスタッフがいない夜間・早朝に食材を配送してもらいたい…
  • ECサイト・通販の注文数が増えてきたので、商品の在庫管理や発送作業を外注したい…
  • 運営・管理が大変な食品物流部門をプロに任せて、よりコアな業務(本業)に時間と労力を集中させたい…

私たち北王流通がみなさんの食品物流の課題・お悩みを解決します!

私たち北王流通がみなさんの食品物流の課題・お悩みを解決します!
食品物流には特有の課題・難しさがあるため、お悩みを抱えている企業様も多いです。

北王流通は長年にわたって食品物流のプロフェッショナルとして働いてきた経験・ノウハウを活かし、みなさまの食品物流の課題・お悩みを解決します。

まずはお気軽にご連絡ください。

食品物流特有の課題・難しさとは?

1.賞味期限・消費期限管理が必須になる

1.賞味期限・消費期限管理が必須になる
工業製品などの物流と食品物流の最大の違いは、食品には賞味期限・消費期限が設定されていることです。

食品の鮮度は商品価値に直結しますし、万一、賞味期限・消費期限切れの商品を消費者に提供してしまうと大問題にもなりかねません。

そのため倉庫では食品の数量だけでなく日付も精密に把握・管理することが必須ですし、スピーディな納品が求められます。

また、フードロス削減の観点から現在は見直しが進められていますが、食品業界には賞味期限の3分の1以内までに食品を納品しなければならない商慣習(3分の1ルール)があることも、迅速な輸配送・納品が不可欠である一因になっています。

2.物流経路のすべてにおいて常温・冷蔵(チルド)・冷凍の適切な温度管理が必要

2.物流経路のすべてにおいて常温・冷蔵(チルド)・冷凍の適切な温度管理が必要
食品物流特有のもうひとつの課題は温度管理です。

食品にはそれぞれ最適な温度があり、その管理を怠るとたちまち鮮度や品質劣化を招いてしまいます。

そのため、保管時には常温・冷蔵(チルド)・冷凍のそれぞれの温度帯の食品倉庫が必須になります。

【常温倉庫(15℃~30℃)での保管に適した食品例】
米、小麦粉、マヨネーズ・ドレッシング・塩・砂糖などの調味料、チョコレートなどの菓子、缶詰、酒類…など

【冷蔵倉庫(チルド・0℃~10℃)での保管に適した食品例】

野菜・果物、肉類、乳製品、練り物、紙パック飲料…など

【冷凍倉庫(マイナス18℃以下)での保管に適した食品例】
冷凍食品、肉類、アイス…など

冷蔵倉庫・冷凍倉庫では厳しい温度管理が必要なので、常温倉庫よりもコストが割高になります。

また、食品物流特有の課題・難しさは単に倉庫だけで温度管理がなされているだけでは不十分だということです。

食品の場合は各店舗の陳列棚や冷蔵・冷凍庫に並べられるまで、あるいはECサイト・通販などでは消費者の手元にわたるまで最適な温度が常に維持されていなければなりません。


たとえばアイスクリームなどの商品をいくら冷凍倉庫で厳密に管理していたとしても、それを配送中のトラックで温度管理ができていないと途中でとけてしまい、変形して商品価値を損ねてしまいます。

つまり冷蔵・冷凍の食品物流では生産・保管・配送のすべての物流経路において、最適な温度を維持する仕組みが不可欠です。
この仕組みのことをコールドチェーン(低温物流体系・低温ロジスティクス)と呼びます。

参考ページ:コールドチェーンとは? 意味と食品物流での仕組みを簡単に解説!

コールドチェーンの確立・運用には、冷蔵・冷凍の食品倉庫はもちろん、冷蔵・冷凍の温度管理ができる輸送車両(トラック)をそろえたうえで、それらを緊密に連携させる必要があります。

コールドチェーンの運用には高い技術とノウハウが不可欠であるため、それも食品物流の課題・難しさの一因です。

3.鮮度維持の関係上、小ロット多頻度納品が要求される

3.鮮度維持の関係上、小ロット多頻度納品が要求される
食品には賞味期限・消費期限が存在しますので、大量に仕入れて倉庫で保管しておくという方式が取りづらいです。

時間が経てば経つほど、古い食品の商品価値は失われてしまうからです。

とくに生鮮食品などの日持ちしない商品ではその傾向が顕著になります。

とりわけ、飲食店や外食チェーン店などでは食品の鮮度が重視されるので過剰在庫を抱えると損失に直結してしまいますし、都心部の店舗などでは冷蔵庫・冷凍庫のキャパシティ自体がそこまでないケースも多いです。

以上の特性から、食品物流では小ロット多頻度納品が求められることになり、独特な配送ノウハウが必要になります。

4.トレーサビリティの確保が必要

4.トレーサビリティの確保が必要
近年になって、消費者・社会全体の食の安全に対する意識は飛躍的に高まっています。

そのため食品の流通経路を記録して追跡できるようにするトレーサビリティの確保は、現代の食品物流では必須条件です。

正確・緻密なトレーサビリティの実現には、システムによる商品のロット管理や物流のDX化を進めていかなければなりません。

そのようなシステム面での初期投資が必須になる点も、自社で食品物流拠点を構築するコストを引き上げています。

5.食品物流には安全・安心を実現する経験・ノウハウが不可欠

5.食品物流には安全・安心を実現する経験・ノウハウが不可欠
食品は消費者が直接口に入れるものですので、安全・安心の確保が最重要課題です。
そのため食品物流では繊細な保管・温度管理と、迅速な輸配送能力が求められます。

昨今、食品系のECサイト・ネットショップの市場拡大で、食品物流のニーズが飛躍的に高まっています。

しかし、常温・冷蔵・冷凍の3温度帯管理や賞味期限・消費期限の日付管理、十分な倉庫のキャパシティ、迅速な輸配送能力のすべてを兼ね備えた物流会社はそこまで多くないのが実情です。

外注・アウトソーシングする際には、食品物流に長年携わり、経験・ノウハウを十分に蓄積している会社を選択する必要があります。

東京・関東圏の食品物流や食品ECサイトの発送代行なら、北王流通にお任せください!

東京・関東圏の食品物流や食品ECサイトの発送代行なら、北王流通にお任せください!
東京・関東圏で食品物流のアウトソーシング先や、食品ECサイトの発送代行をお求めの方は、食品物流のプロフェッショナルである私たち北王流通にご相談ください!

関東に6つの物流センターと共同配送網を備えており、食品の輸送・配送や、常温・冷蔵(チルド)・冷凍の3温度帯の在庫管理、貴社の食品物流部門を丸ごとアウトソーシングできる3PLまで幅広い対応が可能です。

また、食品系ECサイトの物流代行・発送代行は関東圏だけでなく、日本全国で承っております。
食品物流でお悩み・ご要望がございましたら、ぜひお気軽にご連絡ください。

1.食品3PL(食品物流業務の総合受託)

北王流通では、関東圏の外食チェーン店・食品メーカー・食品商社(食品卸)・社員食堂・病院食堂などのお客様へ、食品3PLサービスを提供しています。

3PL(スリーピーエル、サード・パーティ・ロジスティクス)とは、倉庫での在庫管理や輸送など特定の業務だけでなく、食品の受発注~入庫~在庫管理~ピッキング~出庫~配送などの物流業務を一括してアウトソーシング(外注)できるサービスのことです。

参考ページ:3PL(スリーピーエル)とは?その意味と特徴、導入のメリット
北王流通の食品3PL図
食品3PLでサプライチェーンマネジメントを改善・効率化
北王流通の食品3PLサービスでは、食品の受発注・検品から賞味期限の登録、在庫管理、店別のピッキングや伝票発行、店舗への配送までワンストップで弊社が承ります。

そのため、複数の物流業者を管理して連携させる作業は不要ですし、事務作業も大幅に削減されます。

常温・冷蔵(チルド)・冷凍の3温度帯管理の食品倉庫や輸送トラック、練度の高いドライバーや倉庫スタッフ、最新鋭の物流管理システムなどは弊社側で取りそろえておりますので、物流拠点整備に莫大な初期投資をする必要はございません。

食品物流のSCM(サプライ・チェーン・マネジメント)を改善・効率化したい方は、ぜひ北王流通までご相談ください。

2.食品共同配送

北王流通の食品共同配送サービスでは、配送先のエリアに応じ、複数荷主様の食品をまとめて配送しております。

チャーター便とは異なり、配送個数(配送重量)や配送店舗数に応じた料金体系となりますので、小ロットやシーズンによって大きく量が増減する食品(物流波動が大きい食品)でも物量に応じたコスト設定が可能です。

リードタイムが短い小ロット多頻度納品が可能なので、店舗側で過剰在庫・欠品問題を抱えるリスクが少なくなります。

また、一度に複数の食材を荷受けできますので、店舗側の格納効率も飛躍的に向上します。
従来の食品配送
北王流通の食品共同配送
北王流通の食品配送 対応エリア
さらに北王流通の食品共同配送では、店舗にスタッフ様がいない夜間・早朝に、弊社の配送スタッフが店舗の冷蔵庫・冷凍庫へ食品を格納することも可能です。

このため飲食店・外食チェーン店では仕込み前に必要な食材を確保できるほか、接客・調理で忙しい時間帯に荷受けしなければならない事態も抑制できます。

北王流通の共同配送網は、東京都をはじめ、神奈川県・埼玉県・千葉県・茨城県・栃木県・群馬県の関東全域山梨県・静岡県・長野県を加えた1都9県に及びます。

そのため食品・食材のサプライチェーンを低価格で構築でき、外食の物流シェアでは関東トップクラスです。

3.都心食材配送

北王流通は新宿・池袋・渋谷・上野などの都心部に食材配送センター(都心デポ)を設けており、込み入った都心の駅前・駅ビル、百貨店などの飲食店への食材配送(常温・冷蔵・冷凍の3温度帯)を得意としています。

都心にデポがあるので、郊外の食品物流センターから運ぶ場合と比較すると、往復距離が短くなり、その分コストの節約や配送効率化が可能です。

都心デポを活用した食品配送のイメージ

都心デポを活用した配送のイメージ
都心の駅ビル・百貨店・高層ビルへの食品配送ならお任せください
また、軽車両中心の配送なので狭い道の配送も得意とし、駅ビル・百貨店・高層ビルの地下駐車場や搬入口の高さ制限も受けません。

  • 「都心部の店舗に配送する必要があるが、車両の高さ制限のせいで食材を別車に積み替える必要があり大きな業務負担が発生している…」
  • 「駐車場に入れないから路上駐車せざるをえず、駐車禁止取締りのリスクがあり日々不安に感じている…」

そんなお悩みをお持ちの方も、北王流通なら解決できます。

「都心部のラストワンマイル配送が苦手なので、そこだけアウトソーシングしたい」といったご要望でも結構です。

まずは私たち北王流通までご相談ください。

【北王流通の都心食品配送実績例:新宿エリア】
新宿ルミネ/新宿伊勢丹/小田急百貨店/新宿タカシマヤ/新宿三越/新宿NSビル/新宿アイランドタワー/東京オペラシティ/新宿野村ビル…など他多数

4.食品総合物流センター

合計8,000坪のキャパシティを誇る食品物流センター・食品倉庫を運用 WMSで食品の動きを「見える化」

合計8,000坪のキャパシティを誇る食品物流センター・食品倉庫を運用 WMSで食品の動きを「見える化」
北王流通は関東圏で6つの食品物流センター・食品倉庫を運営しており、キャパシティは合計で8,000坪と充実した保管体制を構築。

食品の衛生管理・賞味期限管理はもちろん、常温・冷蔵(チルド)・冷凍の3温度帯管理も精密におこなっています。

冷蔵・冷凍倉庫では外気が入らないようにドッグシェルターを設置したうえで、常に温度をコンピュータ-で自動監視して食品の鮮度を保持しています。

また、北王流通では独自のWMS(物流倉庫管理システム)を導入。
食品の入荷から出荷・配送までの履歴を常に記録して「見える化」し、正確なトレーサビリティを実現しています。
クラウド型のWMSなので、食品の在庫数もいつでもリアルタイムにチェック可能です。

24時間・365日フル稼働しているので、発注に即応してリードタイムを最小限に! 詰め合わせ(アソート)・バラピッキングにも対応!

24時間・365日フル稼働しているので、発注に即応してリードタイムを最小限に! 詰め合わせ(アソート)・バラピッキングにも対応!
さらに、先入れ先出し管理・ロット管理・賞味期限管理の効率化で誤出荷を防止し、適正な在庫量をコントロール。過剰在庫を抑制し、貴社のコストダウンに貢献します。

北王流通の食品物流センターは24時間・365日フル稼働しており、発注をいただき次第、すぐに倉庫スタッフが出庫作業に取りかかりますので、到着までのリードタイムが最小限になります。

異なるメーカーの商品をひとつのケースに詰め合わせ(アソート)、バラピッキングすることも可能なので、荷受けの手間が簡略化されますし、店舗側の冷蔵庫・冷凍庫のスペースも圧迫しません。

5.食品ECサイト・ネットショップ物流代行

食品系ECサイト・ネットショップ・通販の在庫管理・発送代行を、食品物流のプロフェッショナルにお任せ!

食品系ECサイト・ネットショップ・通販の在庫管理・発送代行を、食品物流のプロフェッショナルにお任せ!
食品系のECサイト・ネットショップ・通販を運営されている事業者様のなかには、商品の在庫管理やピッキング・出荷・発送作業が大変で苦慮されている方も多いと思います。

北王流通の食品EC物流代行サービスなら、ECサイト・ネットショップ・通販の在庫管理からピッキング、配送まで一括してアウトソーシングできます。

食品系のECサイトでは他の商材よりもはるかに高度な品質管理が求められますが、北王流通にはこれまで食品物流のプロフェッショナルとして蓄積してきた経験・ノウハウがありますので、ご安心ください。

常温・冷蔵(チルド)・冷凍の三温度帯管理の食品倉庫・輸送車両を活用し、最適な温度を常に保持した状態で、商品を購入者様にお渡しいたします。

シール貼り・バーコード発行などの流通加工業務もお任せください! のし(熨斗)やギフトラッピングにも対応可能!

土日祝日の当日注文・当日出荷も可能ですし、シール貼り、バーコード発行・貼付、送り状ラベル発行・貼付、納品書・請求書の同封などの流通加工業務もお任せください。

のし(熨斗)やギフトラッピング、メッセージカード、チラシの同封などの対応もいたします。

食品EC物流代行サービスの場合は、日本全国の購入者様へ商品をお届けできますので、関東圏以外の企業様もお気兼ねなくご連絡ください。
食品ECサイト・ネットショップ・通販 物流代行・発送代行 のし(熨斗)対応 北王流通
のし(熨斗)
食品ECサイト・ネットショップ・通販 物流代行・発送代行 ギフトラッピング対応 北王流通
ギフトラッピング
食品ECサイト・ネットショップ・通販 物流代行・発送代行 メッセージカード対応 北王流通
メッセージカード同封

対応できる食品の例

北王流通の食品物流サービスで対応可能な食品の例をご紹介します。
以下は一部の例ですので、これらに該当しない食品を物流代行したい場合でもまずはお気軽にご相談ください。
野菜 食品物流サービス 北王流通
野菜
果物・フルーツ 食品物流サービス 北王流通
果物・フルーツ
食肉 食品物流サービス 北王流通
食肉
ハム・ソーセージなど肉加工品 食品物流サービス 北王流通
ハム・ソーセージなどの肉加工品
麺類 食品物流サービス 北王流通
麺・パスタ類
調味料 食品物流サービス 北王流通
調味料
パン類 食品物流サービス 北王流通
パン類
乳製品 食品物流サービス 北王流通
乳製品
スイーツ・お菓子 食品物流サービス 北王流通
スイーツ・お菓子
アイス 食品物流サービス 北王流通
アイス
冷蔵(チルド)食品 食品物流サービス 北王流通
冷蔵(チルド)食品
冷凍食品 食品物流サービス 北王流通
冷凍食品

食品物流でお悩みの方は、まずは北王流通までご相談ください!

食品物流でお悩みの方は、まずは北王流通までご相談ください!
北王流通では、東京都をはじめ、神奈川県・埼玉県・千葉県・茨城県・栃木県・群馬県の関東全域と山梨県・静岡県・長野県を加えた1都9県の食品物流のお悩み・課題を日々解決しております。

また、食品系ECサイトや通販の物流代行・発送代行については日本全国への配送が可能ですので、関東圏以外の企業様へのご対応も可能です。

食品物流改善のご要望があれば、訪問・お電話・オンラインなどでご相談を承っております。

まずは以下の電話番号やメールフォームからお気軽にお問い合わせください。
みなさまからのご連絡をお待ちしております。
TOPへ戻る