本文へ移動
食品物流コストを
削減したい
資料請求
無料相談・お見積もり依頼

食品物流コスト高騰の要因

食トラック配送業務の非効率性
トラック配送業務の
非効率性 
EC事業の拡大や消費者ニーズの多様化に合わせて、小ロット・多頻度での配送が常態化しています。小ロット・多頻度の配送は、トラックの積載率が低く、物流コストが高騰します。
倉庫作業の非効率性
倉庫作業の非効率性

日々、メーカーごとに商品がばらばらな時間に入荷してくるため、入庫作業は煩雑になってしまいます。多種多品目な商品の管理は、専門的な知識がノウハウがない企業が行うことで、非効率運用となり、物流コストが高騰します。
自社物流網の維持
自社物流網の維持

食品物流の複雑なサプライチェーンにおいて、コスト削減を実現するためには各段階での効率化が必要となります。しかし、物流コストの効率化を図るためには、全ての工程や、それにかかるコストについて細かく把握する必要があります。
食品物流コスト削減のポイント
トラックドライバー不足や物流量の増加により物流コストは、上昇傾向にあります。物流コストの削減のために、まずは自社の物流コストの現状を把握する必要があります。

物流コストの内訳

物流コストとは、物流業務全体にかかるコストのことを指します。物流コストの構成は、以下の5項目に分類されます。

01. 運送コスト

トラック、船、飛行機など、商品を運送する際に発生する物流コストです。具体的には、車両のチャーター費用、宅配便の配送料、自社所有トラックのガソリン代、減価償却費が該当します。

02. 保管コスト

商品を倉庫や物流センターで保管する際にかかる物流コストです。具体的には、倉庫の賃貸料、保管料が該当します。 

03. 荷役コスト

荷物を入荷・出荷する際に発生する物流コストです。入庫費や出庫費に加えて、積付け、仕分け、ピッキングなどの荷役作業にかかる費用や、荷役人件費が該当します。 

04. 包装コスト

倉庫や物流センター内で行われる包装・梱包作業で発生する物流コストです。ダンボール、緩衝材などの梱包資材費用や、包装にかかる人件費が該当します。

05. 物流管理コスト

物流を管理する業務全般にかかる物流コストです。具体的には、管理人件費、事務所賃料、物流システムや受発注システムの導入費用が該当します。


北王流通の食品物流サービスで解決!

01. 輸送計画の最適化

食品共同配送では、複数の荷主様の商品を店舗ごとに積み合わせて配送するため、コストの削減が可能です。
北王流通の食品共同配送サービスではエリアごとに多くの車両が運行しており、広範囲に複数の店舗が立地していても、ご希望の時間帯に食材を配送し、お客様の輸送計画の最適化をご提案します。

北王流通の共同配送サービスにより、年間110万円以上の物流コストを削減した企業様や、遠隔地配送の委託により年間70万円以上の物流コストを削減した企業様もいらっしゃいます。

食品共同配送事例 共同配送導入で年間17.6%の配送コスト削減!
食品物流コスト削減事例 遠隔地のチャーター便を弊社委託しコスト削減

02. 倉庫運用~配送まで一貫対応

商品保管・在庫管理・入出庫対応・流通加工・食材配送までトータルで貴社の物流業務を請け負います。食品の品質保持に特化した倉庫設備を持ち、食品の衛生管理・賞味期限管理はもちろん、常温・冷蔵・冷凍の3温度帯管理も対応しています。

また、食品系ECサイト・ネットショップ・通販の、のし(熨斗)やギフトラッピングなどの流通加工や発送代行も承ることができます。

倉庫業務の非効率性で生じていた物流コストを削減できるとともに、倉庫の維持費用、倉庫業務に要していたスタッフの再配置に伴う人件費削減にも寄与します。

03. 関東圏の食品物流をトータルで代行

北王流通は首都圏の食品物流に特化しており、入荷・商品保管・在庫管理・入出庫対応・流通加工・食材配送までトータルで食品物流業務を請け負います。自社で物流センター・トラック・ドライバーや倉庫管理スタッフ、倉庫物流管理システムなどを揃えるより、大幅なコストメリットで都心に食品物流網を確保することができます。

北王流通では常にPDCAを回転させ、お客様のSCMの最適化、食品物流コスト削減に貢献します。

04. 都市部への食品配送に特化

北王流通では新宿・上野に小型配送ステーションを設置しているため、神奈川県・埼玉県・千葉県などの郊外にしか物流センターがない場合には、往復距離が短くなりコストを大幅に削減することができます。

また、軽車両中心の配送なので狭い道の配送も得意とし、駅ビル・百貨店・高層ビルの地下駐車場や搬入口の高さ制限も受けないため、スピーディーに食材をお届けします。

都心に特化した拠点を持つ北王流通だからこそ提供できる食品物流網をぜひご利用ください。
東京・首都圏の食品物流のお悩み
お気軽にご相談ください!
資料請求
無料相談・お見積もり依頼

北王流通
食品物流代行サービス

北王流通のサービス1⃣ 食品総合物流センター

北王流通は関東圏で7つの食品物流センター・食品倉庫を運営しており、キャパシティは合計で10,000坪と充実した保管体制を構築。御社の食品保管も承っております。食品の衛生管理・賞味期限管理はもちろん、常温・冷蔵(チルド)・冷凍の3温度帯管理も対応。冷蔵・冷凍倉庫では外気が入らないようにドッグシェルターを設置し、常に温度をシステムで監視し食品の鮮度を保持しています。

また、北王流通の食品物流センターは24時間・365日フル稼働しており、発注をいただき次第、すぐに倉庫スタッフが出庫作業に取りかかりますので、到着までのリードタイムが最小限になります。
食品3PL 北王流通 倉庫スタッフ

北王流通のサービス2⃣ 食品共同配送

北王流通では、配送先のエリアに応じ、複数荷主様の食品をまとめて店舗へ配送する共同配送サービスを提供しております。

チャーター便とは異なり、配送個数や配送店舗数に応じた料金体系となりますので、小ロットやシーズンによって大きく量が増減する食品(物流波動が大きい食品)でも物量に応じたコスト設定が可能です。 配送頻度や配送先、配送量の変動に柔軟に対応でき、最適な配送コストを維持します。
従来の配送
北王流通の共同配送

北王流通のサービス3⃣ 都心食材配送

北王流通は新宿・池袋・渋谷・上野・新橋・川崎・横浜・町田などの都心部に食材配送センター(都心デポ)を設けており、込み入った都心の駅前・駅ビル、百貨店などの飲食店への食材配送(常温・冷蔵・冷凍の3温度帯)を得意としています。

都心にデポがあるので、郊外の食品物流センターから運ぶ場合と比較すると、往復距離が短くなり、その分コストの節約や配送効率化が可能です。
都心デポを活用した配送のイメージ

北王流通のサービス4⃣ 食品3PL(食品物流業務の総合受託)

北王流通の食品3PLサービスは、食品の受発注・検品から賞味期限の登録、在庫管理、店別のピッキングや伝票発行、店舗への配送までワンストップ対応。食品物流業務の一本化や、事務作業の効率化を実現します。

常温・冷蔵(チルド)・冷凍の3温度帯管理の食品倉庫や輸送トラック、練度の高いドライバーや倉庫スタッフ、最新鋭の物流管理システムなどは弊社側で取りそろえております。食品物流のSCMを改善・効率化したい方は、ぜひ北王流通までご相談ください。
北王流通の食品3PL図

北王流通の拠点紹介

北王流通では関東に7つの食品物流センターを運営しており、その規模は業界最大クラスの10,000坪越え。もちろん冷凍・冷蔵・常温の3温度帯管理対しております。都心に特化した拠点を持つ北王流通だからこそ提供できる食品物流網をぜひご利用ください。
首都圏周辺の大規模センター
都心配送拠点
東京・首都圏の食品物流のお悩み
お気軽にご相談ください!
資料請求
無料相談・お見積もり依頼

物流コストを削減するための方法

物流コストを削減するためには、自社の物流コストが、何にどれだけ使っているかを正確に把握します。日本ロジスティクスシステム協会の「2022年度物流コスト調査」によると、売上高物流コスト比率は全業種平均で5.31%と発表されています。

全業種における物流コストの物流機能別構成比は、輸送コストが 55.1%、保管コストが16.9%、その他(包装コスト、荷役コスト、物流管理コスト)が 28.0%となっており、輸送コストが最も大きな割合を占めています。これらの数値と自社の物流機能別構成比と比較し、削減できそうな物流コストを検討します。
●輸配送改善
 トラック配送業務及び倉庫作業の非効率性から、自社で物流網を維持することが厳しい状況となっています。物流機能別構成比で最も大きな割合を占めている輸送コストを削減するために、輸配送改善が有効な方法となります。具体的には、積載率の向上や、輸配送ルートの最適化などが挙げられます。
輸配送改善
●共同配送
 共同配送とは、複数の荷主の商品を積み合わせて、同じ納品先へ配送する輸送方法となります。共同配送により、トラックの手配台数が減り、輸送コストの削減が期待できます。

共同配送
●物流アウトソーシングの活用
自社でおこなっていた物流業務を専門業者に委託することで、物流コスト削減に繋がることもあります。物流業務を専門業者にアウトソーシングすることを、3PL(サードパーティー・ロジスティクス)と呼びます。

物流アウトソーシングの活用
東京・首都圏の食品物流のお悩み、お気軽にご相談ください!
北王流通では、東京都、神奈川県・埼玉県・千葉県・茨城県・栃木県・群馬県の関東全域、山梨県・静岡県・長野県を加えた1都9県の食品物流のお悩み・課題を日々解決しております。

食品物流改善のご要望があれば、訪問・お電話・オンラインなどでご相談を承っております。
食品3PL 北王流通 倉庫スタッフ
資料請求
無料相談・お見積もり依頼
TOPへ戻る