本文へ移動
東京都心への食品配送を
もっとお得で、もっと楽に。
東京都心の飲食店や食品スーパー、社員食堂などへの食品配送なら北王流通にお任せください!
軽車両中心の配送!
都心の狭い道もお任せください!
駅ビル・百貨店等の地下駐車場・搬入口 高さ制限も受けません。
駅ビル・百貨店等の地下駐車場・搬入口 
高さ制限も受けません。
都心デポからの配送では 1オリコン(1ケース)単位OK!
都心デポからの配送では  
1オリコン(1ケース)単位OK!
軽車両中心の配送なので狭い道の配送も得意とし、駅ビル・百貨店・高層ビルの地下駐車場や搬入口の高さ制限も受けません。
都心デポからの配送では1オリコン(1ケース)単位の価格設定も可能です。まずはお気軽にお電話・メールフォームからご相談ください!
こんなお悩み・課題はありませんか?
都心の店舗への食材出荷量が激減したのに、物流コストが思うように下がらない
自社便・チャーター便だと積載率低下時に単価が高くなってしまう
都心の駅ビル・百貨店・高層ビル内のテナント店舗の場合、地下駐車場や搬入口に車両の高さ制限があるので配送しづらい
 新型コロナウイルスの影響で都心の店舗への食材出荷量が激減したのに、物流コストが思うように下がらない…
 食品の小ロット配送に宅配便を利用しているが、割高なので節約したい…
 自社便・チャーター便だと積載率低下時に単価が高くなってしまう…
 都心の駅ビル・百貨店・高層ビル内のテナント店舗の場合、地下駐車場や搬入口に車両の高さ制限があるので配送しづらい…
 郊外に物流センターがあり、そこから首都圏まで毎回遠距離を配送しているためコストが高い…
 1ヶ月に数回だけ配送が必要な店舗もあり、配車に悩んでいる…
 都心エリアの店舗へのラストワンマイル配送が苦手だから、そこだけアウトソーシングしたい…
矢印
北王流通の都心食材配送なら解決できます!
ポイント
01
都心の環状線エリアに緻密な共同配送網があるので、物流コストを節約しやすい!
郊外の物流センターから都心の店舗に食品を運ぶと、配送コストが増加してしまう…
都心部の外食チェーン店や食品スーパーなどに食品を配送する際、神奈川県・埼玉県・千葉県などの郊外にしか物流センターがないと、どうしても物流コストが割高になってしまう傾向があります。
北王流通では都心デポを中心とした配送なので、往復距離が短くなりコストを大幅に削減!
都心デポ
都心デポを中心とした軽車両での、密度の高い共同配送ネットワーク
北王流通では新宿・上野などの環状線(山手線)エリアに都心デポ(小型配送ステーション)を設置しており、軽車両での密度の高い共同配送ネットワークを構築しています。

※今後、池袋、渋谷(恵比寿)、新橋(浜松町)、川崎、武蔵小杉、横浜にも都心デポの展開を予定しております。

配送先1箇所からでも受託可能で、小ロットでの配送もお受けできます。これまで食材の配送に宅配便を使っていた場合には、配送単価を大幅に引き下げられます。

都心デポを活用した配送のイメージ

都心デポを活用した配送のイメージ
ポイント
02
都心配送ではオリコン単位(ケース単位)の価格体系!
食材の出荷量が減少した際も売上に応じたコストコントロールが可能!
自社便やチャーター便では費用が車建てでかかります。

そのためシーズンの移り変わりや新型コロナウイルスなどの感染症の影響で食品の出荷量が減少して積載率が低下しても、一定のコストを支払わなければなりません。

固定的な物流コストは売上現象時の負担となり、利益を圧迫してしまいます。
都心デポではオリコン単位(ケース単位)の料金体系を採用
都心デポではオリコン単位(ケース単位)の料金体系を採用しております

物流費の変動費化ぜひ北王流通までご相談ください。
ポイント
03
高さ制限を受けない軽車両中心の配送なので、
繁華街の駅ビル・百貨店・高層ビル内の店舗にもスムーズにお届け!
 「都心部の店舗に配送する必要があるが、車両の高さ制限のせいで食材を別車に積み替える必要があり大きな業務負担が発生している…」
 「駐車場に入れないから路上駐車せざるをえず、駐車禁止取締りのリスクがあり日々不安に感じている…」
都心デポでは、都心部で小回りの利く軽車両中心の共同配送ネットワークを整えています。
地下駐車場への入り口には車両に高さ制限が課せられていることも多い
搬入口の車両高さ制限も問題…
軽車両なので狭い道でも進入しやすく、駅ビル・百貨店・高層ビルの地下駐車場や搬入口の高さ制限も受けないため、迅速に食材をお届けできます。

都心部の店舗への食品配送がネックになっている外食チェーン店・食品スーパー・食品商社(食品卸)・社員食堂や病院食堂の運営会社様は、ぜひ一度北王流通へのアウトソーシングをご検討ください。
北王流通の都心食品配送実績例:新宿エリア
新宿ルミネ/新宿伊勢丹/小田急百貨店/新宿タカシマヤ/新宿三越/新宿NSビル/新宿アイランドタワー/東京オペラシティ/新宿野村ビル…など他多数
ポイント
04
都心部で多くの車両が運行しているため、
複数の店舗に対してご希望の時間帯へ食材を配送できる!
 「食材は仕込みの時間帯よりまえに荷受けしたい」
 「お客様が多くて接客や調理で忙しい時間帯に、荷受けや検品で手を取られるのは避けたい」

飲食店での食材の荷受けにはベストなタイミングが存在します。

しかし自社便やチャーター便では、少数のトラックで広範囲のエリアに点在している複数の店舗へ配送していることも多く、どうしても荷受けの時間帯が店舗ごとにバラバラになりがちです。

そのためお客様が多い忙しい時間帯に荷受けせざるをえない店舗も出てきてしまい、接客や調理などの本来優先すべき業務を著しく妨げることになります。

常温・冷蔵・冷凍の食品が1日にバラバラに届く場合は、荷受けの手間の大変さにさらに拍車がかかります。
矢印
北王流通では夜間配送にも対応できるうえに、都心エリアを運行している複数の車両に食材を積み込めるので、コストで同じ時間帯に複数店舗へ配送することが可能です。
、コストをかけずに同じ時間帯に複数店舗へ配送することが可能
ポイント
05
夜間・早朝の、無人時間帯の店舗にも配送可能!
弊社のスタッフが店舗の冷蔵庫・冷凍庫へ食品を格納します!
北王流通では店舗スタッフがいない夜間・早朝に食材を配送することも可能です。
弊社のスタッフが各店舗の冷蔵庫・冷凍庫へ丁寧に食材を格納いたしますので、荷受けの手間・労力が削減になります。
店舗の鍵やセキュリティカードはITシステムで厳密に管理していますので、ご安心ください。

多くの飲食店様にお喜びいただいているサービスですので、業務効率化・働き方改革を実施したいお客様はぜひ一度ご相談ください。
ポイント
06
都心にもスピーディに配送!
小ロット多頻度納品で過剰在庫や食品ロスを削減!
飲食店や食品スーパー、社員食堂・病院食堂で大きな悩みとなっているのが、食材の過剰在庫とそれにともなう食品ロスです。

食品ロスは多大な金銭的損害を生み出しますが、かといって在庫量を絞りすぎると品切れのリスクが高まり、売り上げの機会損失になってしまいます。

とくに食材を発注してから店舗に納品されるまでのリードタイムが長いと品切れしやすいため、どうしても店舗側で過剰在庫を抱えざるをえません。
矢印
北王流通では24時間・365日休むことなく稼働する食品物流センターを関東圏で6箇所運営しています。
北王流通 食品物流センタースタッフ
北王流通 食品配送ドライバー
食品の発注が入ると即時対応し、出庫・店舗ごとのピッキング作業を実施します。


さらに共同配送ネットワークを利用した小ロット多頻度納品も得意ですので、食材をこれから使うぶんだけ発注すればよくなり、過剰在庫による食品ロスと損害を抑制できます
ポイント
07
店舗別の納品回数設定やバラピッキング(ピースピッキング)で、大きい冷蔵庫・冷凍庫がない店舗でも食材保管を効率化できる!
北王流通では同じ系列の納品先であっても、1店舗1店舗の売り上げと食品出荷量に応じた「店舗別納品回数」の設定が可能です。
食品ケース(オリコン)
食品ピッキング
北王流通では同じ系列の納品先であっても、1店舗1店舗の売り上げと食品出荷量に応じた「店舗別納品回数」の設定が可能です。各店舗に最適化された頻度で食材を納品いたしますので、無駄を徹底的に削減できます。

また、
「単一の商品をケースで出荷すると冷蔵庫・冷凍庫のスペースを圧迫してしまい、保管する場所がなくなってしまう…」という店舗も都心部では多いと思います。

弊社ではバラピッキング(ピースピッキング)で、ご指定の商品を必要な量だけケースに混載して配送することもできますので、店舗の食材保管スペースの問題も解決できます。
山手エリアなどの都心部店舗への食品配送なら、北王流通にお任せください!
環状線エリアなどの都心部店舗への食品配送なら、北王流通にお任せください!
北王流通の外食チェーン店への食品配送シェアは関東ではトップクラスであり、日々3,000件を超える飲食店様へ食材をお届けしています。山手線エリアの駅ビル・百貨店・高層ビルにテナントで入っている店舗への食品配送も得意です。

都心部の店舗への食品配送でお悩みの方や、アウトソーシング先を探している方は以下の電話番号やメールフォームから北王流通までご相談ください。オンラインでの無料相談も可能です。みなさまからのご連絡をお待ちしております。
平日 9:00~18:00
資料請求
無料相談・お見積もり依頼
TOPへ戻る