本文へ移動

特徴1|WMS

WMS(Warehouse Management System)

私たち北王流通では荷主様、お客様の信頼と理解を得るための一貫として、WMS(Warehouse Management System)を導入し、物流の「見える化」に務めています。

WMSとは物流倉庫管理システムの略称で、入出庫・在庫を管理するシステムのこと。入荷、検品、ピッキング、梱包、出荷といった倉庫内の各作業に必要な情報を一元的に管理することができ、情報に基づいた物流機器の制御や、作業で必要とされる帳票やラベルの発行作業を行うことが可能です。また、DAS(デジタルアソートシステム)やDPS(デジタルピッキングシステム)といったマテハン(マテリアルハンドリング)やHT(ハンディターミナル)と連携させることで、作業全体の効率や在庫管理の精度を向上させることもできます。

北王流通のWMS

入出庫、在庫管理、棚卸、物流コスト算出等をサポートします。
現場と連携したデイリーマネジメントで在庫管理の精度向上、在庫削減を図ります。
こんな“困った”を解決します!
在庫が多く(過剰在庫)、適正在庫量がわからない
欠品発生率が高い
棚卸時に在庫差異が発生
仕分けミス・誤出荷が多い
賞味期限管理など日付管理ができない
仕分け作業が高コスト化している
お問い合わせについては北王流通株式会社営業部までご連絡ください
TOPへ戻る